東京都の歯科衛生士・歯科技工士専門学校|東邦歯科医療専門学校

歯科衛生士の仕事

歯科衛生士の仕事は、歯科医師とともに患者さんのお口の衛生状態を向上させ、健康な状態を維持していけるよう様々な処置を行う専門職です。

口は食物の入り口であり、空気が出入りするところ。また、人とコミュニケーションを取るのに必要な言葉を発する部分でもあります。その口がうまく機能しなかったら……その口が病気だったら……。最近の研究では、口の中の清掃を怠ると全身にさまざまな弊害が現れることがわかってきています。
歯科衛生士は口の中だけについて勉強すると勘違いしている方も多いのですが、全身に関わる科目も多く学びます。

なぜなら「人の健康に関わるスペシャリスト」だからです。歯科衛生士には「口を通して全身の健康を考える」という視点が求められているのです。

歯科衛生士の業務

歯科予防処置(歯科の2大疾患である虫歯と歯周病を予防する処置)

歯科衛生士は術者として、人の口の中でいろいろな処置を直接行います。
口の中での行為のため、1〜2mmの範囲での細かい処置が要求され、十分なトレーニングが必要となります。
また、薬物を用いた処置も含まれることから、薬物に対する知識も重要になります。

歯科診療補助(歯科診療の手助けだけでなく、直接口に触れる行為も含みます)

器具や材料の準備、患者さんの誘導など、患者さんの口に直接触れない行為は歯科衛生士でなくても差し支えありません。 これらは「歯科診療の介助」と位置付けられ、歯科衛生士の仕事と区別されています。
歯型を採ったり、仮詰めしたりなど、診療の一部分を歯科医師の指示のもと患者さんの口腔内に直接処置を行う業務です。

歯科保健指導(患者さんを「見る」のではなく「診る」)

患者さん1人ひとりに合わせた指導内容を組み立てるため、お口の問題を的確に見抜く目が必要とされます。
そのためには歯科医学全般に対する深い知識はもちろん、歯科と全身の関わりについても十分に認識しておく必要があります。
最近では診療室内のみでなく、訪問歯科診療に関連して、咀嚼(噛み砕くこと)・嚥下(飲みこむこと)の訓練・指導や、入れ歯の取り扱いの指導などを行う機会が非常に多くなってきており、その分歯科衛生士には幅広い知識が求められています。
しかし、知識だけでは指導はできません。患者さんが心を開いてくれなければ、口も開いてくれません。
患者さんとの信頼関係を築いていけるようコミュニケーションを上手に取ることや、不快感を与えない身だしなみや思いやりも大切なスキルの一部です。

東邦の歯科衛生士科

ひとつひとつ確実に。しっかり身につく知識。

歯科衛生士国家試験は現在27科目。短時間で修得できるものではありません。
そこで本校では、1年次から苦手教科のフォローアップ体制をとり、歯科衛生士として必要な知識を1つひとつ身に付けていけるよう支援しています。 また、3年次での国家試験対策授業では、習熟度別指導を行い、それぞれの学力に応じて指導をしています。

歯科衛生士の業務は、病院、介護現場での活躍も増え、人気のある職種の1つです。
本校も、毎年多数の求人をいただいています。
また、医療職の中では夜勤などがなく、パートでの求人も多いことから、結婚・出産後も再就職しやすく、女性にとって働きやすい職業といえます。

Copyright © 東邦歯科医療専門学校 All Rights Reserved.