東京都の歯科衛生士・歯科技工士専門学校|東邦歯科医療専門学校

歯科技工士学科のカリキュラム

1年次

前期「半日講義、半日実習」

講義で学んだことをその日の実習で確認できるカリキュラムを組んでいます。
講義では、一般教養科目を3科目、技工専門科目を8科目学びます。
最初の実習では歯科材料の取扱を学ぶために自身の指の型から導入実習を行っています。

後期「基本的な技工技術を習得」

基本的な技工作業となるインレー、コア、全部鋳造冠の製作、さらに部分床義歯、全部床義歯、矯正装置の製作などを行います。
1年次の最後には本校の特徴である『人体解剖標本見学実習』を日本歯科大学にて実施しています。

2年次

前期「より高度な技術の製作」

講義では技工専門科目が2科目増えます。
実習においては基本的な実習を継続して行いますが、徐々に難易度の高い補綴物の製作も行います。
また、実際の職場を擬似体験する『臨床見学実習』を近隣歯科技工所の協力のもとに行います。

後期「少人数の習熟度別クラス体制」

高度な技術が要求されるポーセレンや金属床の実習を行います。
さらに、歯科材料メーカーや本校卒業生による特別講演も行われます。
国家試験に向けての特別講義や実習では少人数の習熟度別クラスの体制をとり、全員合格を目指して試験対策を行います。

Copyright © 東邦歯科医療専門学校 All Rights Reserved.