東京都の歯科衛生士・歯科技工士専門学校|東邦歯科医療専門学校

歯科衛生士学科のカリキュラム

1年次

前期「早期からの臨床指導」

一般教養と並行して専門科目を学びます。
基礎実習として患者誘導、診療台の取り扱い、歯科材料の取り扱い、マネキンを使った歯石除去のトレーニングを行います。
今後、さまざまな患者さんと接する上で必要なマナーを学ぶ講座を開講し、早い時期から臨床に目を向けた指導をしていきます。

後期「実践に向けた授業内容」

授業・実習ともに実践的な内容に変わり、相互実習が多く行われます。
解剖学のまとめとして日本歯科大学・解剖学第一講座のご協力により、人体解剖見学実習を実施し、体の構造についての理解を深めます。

2年次

前期「幅広い領域を学習」

臨床実習に向け、より専門性を増していきます。
医学概論、全身管理、上級救急救命講習、基礎介護技術講習が開講され、社会のニーズに対応できる幅広い領域を学習します。
また後期に行う小学校でのブラッシング指導へ向け、集団への対応についても学びます。

後期「1年間の実習」

載帽式を経て、約1年間の臨床実習が始まります。
実習先は大学病院(日本歯科大学附属病院・東海大学医学部付属八王子病院)、総合病院(町田市立病院)、飲み込みや発音のリハビリに特化した専門病院(日本歯科大学、口腔リハビリステーション多摩クリニック)、企業(東京実業健康保険組合)、歯科医院(八南歯科医師会の協力医院)など。また、情操教育として茶道やフラワーアレンジメントを実施しているのは本校の特徴です。

3年次

前期「自習+実践力を養う」

臨床実習に加え保健所・障害者歯科センター・口腔保健センター・特別支援学校などで臨地実習が行われ、実践力を養います。 さらに保険請求の選択科目は「歯科医療事務検定試験3級」を取得できる内容となっています。
受験校の認可を受けているため、受講から試験までを学内で行うことができます。

後期「即戦力となりうる人材育成」

臨床実習、臨地実習後も学内実習を並行して行い、卒後の即戦力を目指します。
また、国家試験に向けての勉強が始まりますが、クラスを習熟度により細分化し、少人数での指導を実施しているのは、本校の特徴です。

Copyright © 東邦歯科医療専門学校 All Rights Reserved.